【母乳育児をサポート】たんぽぽ茶の効果とは

ノンカフェインで家族全員が飲みやすいたんぽぽ茶には、女性にとって嬉しい効果や子供の成長を助けるビタミンやミネラルが多く含まれている上に、利尿作用もあることで知られています。

 

麦茶や緑茶も美味しいですがたんぽぽ茶なら

 

毎日自宅で何らかのお茶を入れているといったお母さんはとても多いと言えますが、子供がいる家庭の場合麦茶や緑茶など子供の口にも合うお茶を優先的に入れるようにしているといったお母さんも少なくありません。でも同じようなお茶ばかりではどうしても飽きが来てしまうので、たまにはあまり馴染みの無いお茶を入れてみるというのもいいでしょう。
子供も含めた家族で飲める低刺激な、珍しいお茶を探しているといった方におすすめできるのがたんぽぽ茶です。ノンカフェインで身体を冷やさない効果があることで注目されているたんぽぽ茶には、子供の成長を促すビタミンやミネラルなどの成分が多々含まれています。ノンカフェインであることはまだ小学校に上がっていない、幼稚園児くらいのお子さんがいらっしゃる家庭からすると非常に重要です。大人と違いまだ小さな幼児の場合、カフェインの成分が強く身体に反応してしまい、目が異様に冴えてしまったり過度な興奮状態に入ってしまう可能性があるからです。緑茶にも多少はカフェインが含まれていますが、やはり子供に与えるお茶はノンカフェインの物を選択したほうが安全だと言えるのです。
味に関しても苦味や雑味がないように、たんぽぽの根っこだけでなく黒豆茶などがブレンドされている商品が多いということから、苦いお茶を嫌う子供にも与えられるように整えられていると想像しておいて構いません。麦茶より味が濃い目ですが、嫌な植物臭さや鼻に抜けるような気分を害する無駄な清涼感などはないのものと認識しておいてください。大人にとっても子供にとっても飲みやすい、それこそ毎日の食卓に出せるような味だと言えるのです。お茶の好みが家族で違い、毎回別々のお茶を一々お湯を沸かして作っているというお母さんは、その無駄な手間を省く意味合いでも一度家族に飲ませて反応を伺ってみるというのもアリでしょう。
ただまだ生まれて間もない赤ちゃんに飲ませる際には注意が必要です。ノンカフェインで健康成分が豊富であっても、消化器官が未熟で身体が小さい乳児にはあまり向かないもの事実だからです。同じような理由で2歳、3歳といった幼児に与える際には、大人用のものより薄めて与えるようにすればより安全に飲めるのだと意識しておくことが大切だと言えるのです。
当然ですが子供の口に合わないようなら無理に飲ませることもありませんので、そのときは子供が好きな麦茶を与えるようにしてください。

 

女性にとっても嬉しい効能が沢山ありたんぽぽ茶

 

たんぽぽ茶は大人も子供も家族全員で飲めるお茶なのですが、その効果や効能にのみ注目すると女性にとって、特に妊婦さんや産後間も無いお母さんにとって嬉しい成分が沢山含まれていると言えます。

 

具体的にどのような身体にとって嬉しい効能があるのかというと、例えば不妊の改善や母乳の出が良くなる改善効果などが挙げられます。子供が欲しい、子供を産んだばかりといった女性からすると、これらの効能はサプリメントや市販薬を飲んででも欲するほど嬉しい改善効果なので、赤ちゃんをこれから産む場合であってももう生んだ場合であっても飲んでみることを推奨します。
他にも冷え症の緩和や便秘の解消、むくみの防止と解消などが見込めます。これら女子が特に悩みやすい身体の不調を、過激な運動などをせずにお茶を変えるだけで改善できるというのは、非常に便利で活用しやすいと言えるでしょう。またホルモンバランスを整える効能もありますので、酷い生理痛で苦しんでいる方にもおすすめできます。
血行を促進する作用と血中のコレステロールや脂肪を減少させる作用もあることから、乳腺炎予防にも役立てることが可能です。乳腺炎の予防や防止には、母乳の質を良くして詰まらないようにするのが一番だとされているのですが、母親だけが家族とは別の野菜を中心とした食事を取るなどといったことは実際問題として難しいので、せめてお茶を変えて辛い乳腺炎が発症しないように努めてみるといいでしょう。
そして緑内障と白内障の予防や改善も叶うと言えます。緑茶とほぼ同じ程度の利尿作用があり、房水にたまった水の排出を促し、視神経の働きを正常にしてくれるといった特性もあるお茶だからです。さらにガン細胞を抑制したり、高血圧を抑制したりなど低刺激の飲み物なのに健康作用が非常に多いので、今まで飲んでいなかったという方は自身と家族の身体を気遣って是非とも試してみてもらいたいです。
妊娠中は水分の摂取が大切なのでいつも以上にお水やお茶、ソフトドリンクなどを飲んでいたものの、出産後は顔のむくみなどを気にして水分を控えているといった女性も方も多いでしょう。でも水分を多くとることに慣れた身体に対して、急に口から摂取する水分の量を減らしてしまうと、家の中に居ても発症する熱中症にかかってしまう可能性が少なくありません。毎年のように夏場の気温が上昇している昨今、お茶を初めとした水分の摂取はお母さんを初めとした家庭全体で心掛けるようにしてください。